自由なうさぎ

日々の備忘録 趣味でプログラミング

ブログ初めて約3ヶ月時点のアクセス数などなど!!

はじめに

私のブログを見てくださる皆さんありがとうございます(^-^)

ブログ開設から早くも3ヶが過ぎましたが相変わらず忙しく,書きたい記事の構想はあっても中々実行に移せない日々です・・(笑)

早速,ブログ開設から約3ヶ月到達時点でのアクセス数や記事数などをまとめたいと思います!

以下は過去記事です。

nakomii.hatenablog.com


7月上旬現在までの記事数

さて、約3ヶ月で19記事を作成しました。前回の2ヶ月時点での更新から3記事しか書いていないことになりますね・・もう少し頑張らないと・・・
私にとって,1日1記事以上コンスタントに書くにあたって時間やネタが全然足りません(笑)

アクセス数

さて、気になるアクセス数ですが、7月2日時点の累計で1827pvでした!1ヶ月前で627pvでしたので合計アクセス数が実に約3倍に達しました!

見てくださる方が増えるのはモチベーションの向上に繋がります。

さらに,6月上旬から中旬までの平均アクセス数平均は40/日くらいで,6/26~からのアクセス数平均は55/日のため徐々に増加している傾向になっています。

増加した要因の一つとして前回までと変わったことで,個人的には今までにはなかった他のブロガーさんに記事の引用をして貰えたことかなと思っています。実際のアクセス先ページでも引用された記事上位にランクインしているので,やはり見てもらえる効果は上がっていると思います(^-^)

これからの展望

最初はアクセス数0が多くこのまま誰にも見られないのかなーとも思っていましたが,着実に記事を見てもらえることが出来てきました!

ブログを続けるのは根気がいることで,今からブログを始める人でも実際のブログ初心者がブログを開設したらどれくらいの人に見てもらえるのかという生の声を届けたいと思っています。

これからも頑張って記事を更新するのでよろしくお願いします♪

【WSL】仮想環境でPythonファイルを実行する!

はじめに


今回はWSLを使って、Windows10にインストールしたWindows Subsystem for Linux (WSL) 16.04 LTSを用いて
仮想環境下でPythonファイル実行手順を示します。

以下はWSL導入紹介記事になります!


nakomii.hatenablog.com


nakomii.hatenablog.com

仮想環境について

まず仮想環境について簡単に触れておくと,Pythonでは同じ環境に同一ライブラリの複数のバージョンを導入できません。よって,ある2つのプログラムが異なるバージョンのライブラリに依存していると衝突してしまいます。
これらの問題を回避することができる方法が仮想環境に当たります!用途に合わせた環境を用意することで,元の環境を汚さないので便利です

仮想環境の作成

仮想環境の作成にはPython標準モジュールであるvenvを使用します!

venvインストール

まずはvenvのインストール!

sudo apt-get install -y python3 

バージョンの確認!(私はPython 3.5.2でした)

python3 -V
仮想環境作成

以下のコマンドで作成できますが,venvの後のtestが仮想環境の名前になるので各自自由に・・

python3 -m venv test

成功するとカレントディレクトリにtestフォルダが作成されていると思います!

仮想環境に入る

activateスクリプトを利用しますが,ドット(.)とtestの間には半角スペースを忘れずに!

. test/bin/activate

成功すると下のようになると思います。ユーザ名の前に(作成した仮想環境の名前)が付いています。

(test) user~~~$
Pythonファイル実行

Pythonファイルの実行は簡単で以下で実行できます。実行したいpythonファイルがある場所へ移動して,仮想環境に入った状態で行ってください

python3 test.py
Linuxコマンド

本記事で必要なLinuxコマンドを紹介。


カレントディレクトリ確認

pwd

ディレクトリ移動(windowsフォルダの場合)

cd /mnt/c/各自のフォルダ


余談ですが,私自身はPycharmを利用しているので下図のように同一フォルダに仮想環境,pythonスクリプトシンボリックリンク(白色のファイルみたいな)を作っています。
こうすると管理が楽です。

f:id:nakomii:20190702232603p:plain


シンボリックリンク作成手順は↓

nakomii.hatenablog.com


仮想環境から出る

仮想環境から出るにはdeactivateコマンドを打てば,(test)の表示が消えて仮想環境から出られます。

deactivate


以上になります!

【Python】LINE Notifyを使ってライン通知(画像,スタンプ)を送る方法

はじめに

皆さんお久しぶりです,久々の更新になります。

今回はLINE Notifyを使ってライン通知(画像,スタンプ)を送る方法を記事にしたいと思います。

では,早速本題に入ります!


Pythonスクリプト


↓これが過去のLINE Notifyの基本的な部分になります。アクセストークンの取得などが記載されていますので良かったら参照してください!

nakomii.hatenablog.com


以下がスクリプトになります。

少し解説


留意点として,2行目カレントディレクトリを画像のある場所へ移動しないと開けません

一般にバイナリとはテキスト以外のファイルのことを指します。

最後の行ではfiles=filesを指定してください。

import requests,os

os.chdir('保存先フォルダパス') #画像保存先に移動
line_notify_token = 'アクセストークン'
line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
message = 'テスト通知'


payload = {'message': message}
headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}
files = {'imageFile': open("sample_image.jpg", "rb")}  #バイナリファイルを開く

line_notify = requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers, files=files)

これで指定した画像がライン通知としてくると思います!!


ラインスタンプ

ラインスタンプの場合は簡単でpayload変数に, 'stickerPackageId': STKPKGID, 'stickerId': STKID を追加するだけです。(STKPKGID,STKIDは適時読み替えてください)

ラインスタンプコード ←ここにラインスタンプのコードがあります!

下のスクリプトではSTKPKGID=1,STKID=403を指定しておりムンクの叫びのようなスタンプを指定しています(笑)


import requests,os

os.chdir('保存先フォルダパス') #画像保存先に移動
line_notify_token = 'アクセストークン'
line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
message = 'テスト通知'


payload = {'message': message, 'stickerPackageId': 1, 'stickerId': 403}
headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}
files = {'imageFile': open("sample_image.jpg", "rb")}  #バイナリファイルを開く

line_notify = requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers, files=files)


以上です!

ブログ初めて約2か月時点のアクセス数などなど

はじめに

ブログ久々の更新になります!

見てくださった皆さんありがとうございます(^-^)

最近は非常に忙しくブログを書く時間が取れなかったり、他にやらなければならないことが沢山あって中々更新することが出来ませんでした・・

5月末現在までの記事数

さて、約2ヶ月で16記事を作成しました。とは言っても、5月は記事を書いていないので・・・
実質1ヶ月くらいなのかもしれません(笑)

アクセス数

さて、気になるアクセス数ですが、5月末時点の累計で676pvでした!

自分自身は5月中は記事の更新もしてないしアクセス数は全く伸びてないと思ったので正直びっくりしてます。

5月分では493pvと4月を超えたあたりからかなりアクセス数が増えてました。見てくれる方がいると思うとモチベーション向上しますね!

ブログ始めて2ヶ月経った感想

結論から言うと、毎日書くのはかなり大変だと思います。

そもそも毎日投稿するためのネタ作りが非常に難しいです。

初期のころに色んなブログを見て回って、ブログ初心者は1ヶ月もしないうちに結局やめてしまうみたいな記事を見て・・
はてなブログは無料版を選択したのですが、案の定正解でした。

最初のころはあれを書こう、これを書いてみよう!って気持ちは強かったのですが、実際には今度暇なときに書けばいいや・・という感じでダラダラとしてしまいました(笑)

おわりに

今回は2ヶ月経過時点でのアクセス数やその他の話に焦点を当てました。

初期から考えていたはてなブログ有料版やWordpressにする日はくるのであろうか・・・・

【Python】LINE Notifyを使ってライン通知を送る!

f:id:nakomii:20190407162506j:plain


はじめに


今回はPythonを使ってLINEに通知を送ってみようという主旨の記事です!

ライン通知を送るにはLINE Notifyを使います。

LINE Notifyを用いると外部Webサイトからの通知をラインで受け取ることが可能になります。


では、早速解説します。

まず、LINE Notifyのサイト↓にアクセスします。

LINE Notifyのサイト


アクセス出来たら、右上のログインを押してLINEアプリアカウントのメールアドレスとパスワードを打ち込んでください。
メールアドレスとパスワードはLINEアプリの設定→アカウントで分かります!

すると自分のLINEアプリのアカウント名でログインできていると思うので、下図のようにクリックしマイページを選択してください。


f:id:nakomii:20190416211037p:plain



そして、下のほうにあるアクセストークンを発行を押します!

f:id:nakomii:20190416211041p:plain




すると下のような画面がでてくるので、適当なトークン名を入れて・・
通知を送るトークルームは1対1が良いと思います。

f:id:nakomii:20190416211107p:plain



次のようにアクセストークンが発行されますが・・・

*注意点

このアクセストークンは1回ページを閉じると二度と見れないのでどこかに必ずメモしてください!

仮に、忘れた場合はトークンを再発行すれば大丈夫です。

f:id:nakomii:20190416212215p:plain


このアクセストークンを元にPythonでライン通知を行います!


私は普段PyCharmを使っていますが、みなさんが普段使っているエディタを開き以下のコードを実行するとテスト通知というライン通知がくると思います!

import requests

line_notify_token = 'アクセストークンを入れる'
line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
message = 'テスト通知'


payload = {'message': message}
headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}  
line_notify = requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers)

これは一番基本的なコードになっていてライン通知を送るための定型文だと認識してよいと思います。



以上になります!

【Word】句読点のデフォルト設定[。]から[. ]に変える方法

はじめに

今回はWordで英語文章を作成する際に、デフォルトで設定されている[。]からピリオド[. ]やカンマ[ , ]に変える方法を説明していきたいと思います。
英語で文章を書く際は変換が一々面倒なので役立つ設定だと思います!

日ごろからピリオドやカンマを使うならIMEの設定を変更しましょう。


IMEの設定を変更

IMEとはキーボードで入力した文字をひらがななどに変換する役割を持つものを指します。

では説明に入ります!

まずは,デスクトップ画面右下にある [A] か [あ]を右クリックしてください。

f:id:nakomii:20190416194322p:plain


次に,プロパティを選択します。


f:id:nakomii:20190416194333p:plain


そして詳細設定を開き・・・

f:id:nakomii:20190416194341p:plain


句読点の部分をカンマ,ピリオドに変えて適用すると設定が変更されます!

その後、OKを押してください。すると句読点が変わっていると思います!

f:id:nakomii:20190416195713p:plain




以上です!

【はてなブログ】文字にリンク貼り付ける!

f:id:nakomii:20190409160828j:plain


はじめに

今回ははてなブログにて文字にリンクを貼り付ける方法を載せたいと思います!
これも散々既出だと思いますが・・・(笑)

1. 貼り付けたいリンクをコピー


今回は説明のためにYahooのurlをコピーしました。


f:id:nakomii:20190409183001p:plain

2. 記事にて、貼り付けたい文字を用意


Yahooリンクです。

図のようにリンクさせたい文字を選択して、右クリック→貼り付けを選択します。

f:id:nakomii:20190409183336p:plain



そこで、選択範囲を選べば完了です!

f:id:nakomii:20190409183349p:plain


以上になります!とても簡単な内容で使える機能ですね♪